美容のための習慣

美容のために、まず食事の時に「食べる順番」に気を使っています。

 

食事を初めてすぐに炭水化物やたんぱく質を摂ってしまわずに、必ず野菜から食べ始めるようにします。目安としては五分程野菜を食べ、そのあとに他のおかずに移るといった具合です。
また、朝起きて一番に白湯を飲むのも習慣です。

白湯を飲むことによって体の調子が整えられ、胃も食べ物を受け入れる準備が出来ると聞いたことがきっかけでした。内臓を温めることは臓器の動きを活発にしてくれるため、肌の調子も良くなります。
また、外出する際には紫外線対策に気を遣っています。

日焼け止めを塗ることはもちろん、日傘や帽子は必ず持ち歩きます。日焼け止めは外出時間が短いときにはSPFの低いものを使用し、一日中出掛けるときにはSPFが50ほどの高いものを使うことにしています。

これは肌への負担を考慮してのことです。

 

帰宅したら出来るだけ早く洗顔をして、日焼け止めを洗い流すことも忘れないようにしています。