食生活に神経を使って運動を開始

あたしは夜の十一時までスーパーのレジ打ちをしています。
帰宅するのが、24時くらいで、仕事のある日は帰宅後に晩ごはんって感じでした。

ストレスも溜まっていたので、過食気味になっていて、一年で7キログラムも体重が増加してしまいました。
信じられないくらい重くなったので、シェイプアップする事にしました。

先週からスタートさせたのですが、食生活に神経を使うことと、運動を始めました。
食事管理としては、あぶら物なんかは出来るだけ避け、葉野菜や果物類をしっかりと摂るようにしています。
運動は、腹筋運動やスクワット運動、背筋運動をしていて、鍛え上げて余計なお肉をそぎ落とそうとせっせと行っています。

だけど、このぜい肉がおいそれとは落ちなくて頭を痛めています。
あと、20時以降は何も口にしない方がいいらしいので、20時をすぎたら「食事禁止」を心掛けています。

更には、出来るだけカロリー計算もしています。
1300キロカロリー前後に抑え、計算して摂取しています。
今年の夏までにダイエットを成功させてビキニをきたいので気合いを入れてやっていきます。

どっちかって言うと、あんまり肌のケアはしない方ですが、そんなあたしでも日課にしている美肌術があります。
どんな事かというと、お化粧をする前に絶対に水で顔を洗うということです。

夏でも、冬でもお湯は使いません。
理屈も何もよく分かっていませんが、何気に毛穴が閉じる感じがします。
石鹸を用いてもいいのでしょうが、ひとまず素肌が持っているリカバリー力で肌状態を良好にしようと思って、お肌の自己再生力を高めるようにしています。

洗顔後はしっかりと美容ローションを塗ります。
過去には多機能ジェルをつけていましたが、オールインワンジェルを使うときでも美容化粧水は使います。
どんなに忙しくても最低限それだけはやります。

フェイスケアに関しては基本的にはこんな風にやっています。

続いてボディケアですが、何年か前に痩身クリームとして発売されていた海外ブランドのクリームを太もも、ふくらはぎを中心にお風呂上りに塗布します。
揉みほぐすように行っていくとよりブヨブヨ感がなくなるように思えるのでとても嬉しくなります。

自分が美肌作りのために気を付けていることは、過度な美肌ケアを行わないという事。
美肌術も度が過ぎると、肌自体が本来持っている免疫力などが無くなってしまうということなので、極力オーバーケアにならないようにしております。

具体例としては、肌の状態をチェックしてみてカサカサ感がないというような場合は、お化粧水をつけすぎないようにしなり、それと、お肌の調子が良さそうな日は、集中ケアなどを省くなどしています。
マイナスの肌のお手入れを施してきて、これと言ったすごいスキントラブルに見舞われた事もないので、いくらかは上手くいっているかなという感はあります。

それから、自分の性格上、こういった美顔術はホントに良かったんです。
結果として、顔周りのお手入れ以外にも手を掛けられるようになったということ。

前は、フェイシャルケアをほぼ中心に行っており、別の場所の肌ケアに気が付かなかったのですが、過保護になりすぎない美肌術を実践しはじめてから、「首」「手指」などのお手入れにも気を付けるようになりました。
手や首筋の辺りは、年齢が出やすい部分で、その上スキンケアを忘れやすい箇所でもあるので、気付かせてくれてありがとうって感じです。
首元には、もともとしわがありますが現時点よりもしわが目立たないようにお手入れできるので、これも引き算スキンケアのおかげです。